Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   熱の出方・下がり方

- 熱の出方・下がり方 -
並 大 特大     G M
出始め 高温期 下がり始め 発汗 解熱剤
 熱には出始め高温期下がり始めというステージがあります。
 誰しも経験しているのですが、案外分からなかったりしますね。
 
 
 出始めは体が熱を出し始めるときです。
 どうやって発熱するのでしょうか。
 
 それにはふたつの要因があります。
 熱を作ること、熱を溜めること、です。
 
 そのために、感覚としては「寒い」状態になります。
 寒いと体が震え、毛穴は閉じ、汗腺からの発汗も少なくなり、放熱を減らし、熱を蓄えます。
 寒気がするのは発熱の始めだからです。
 熱を溜めるために放熱が減りますから、手足などはいつもより冷たくなります
 
 体力が奪われるのはこのときです。
 熱を作っているのだから当然ですね。
 
 
 高温期は一定の体温が維持されているときです。
 発熱の初めに比べ、あまり体力は消耗しません。
 
 一生懸命体が病気と闘っています。
 応援したいですね。
 そのためには熱を下げないことが一番です。
 
 ぐったりしたり、元気がなく38.5度を超えていた場合はこの限りではありません
 医師や薬剤師の指示によって解熱剤を使うことができます。
 自分の判断だけで使うのは乳児の場合は避けた方がいいかもしれません。
 
 なお、熱を下げてもまた発熱してしまうことが多いでしょう。
 その場合、更に体力が奪われることになります。
 下げると楽になりそうですが、また上がるなら下げすぎないことが賢明です。
 上がったり下がったりするのが一番よくないことなのです。
 
 子供は病気など解りませんから、熱が下がると遊び始めます
 で、また熱を出すという悪循環にもなりかねません。
 ちょっとくらい熱があって、大人しく寝ていてくれるくらいの方が、結果的に早く良くなることでしょう。
 
 
 下がり始め発汗します。
 汗をかいて熱を下げようと体がしているときです。
 汗で冷えすぎないように注意しましょう。
発熱とは < 前 | 次 > 発熱時の対応


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!