Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   発熱とは

- 発熱とは -
並 大 特大     G M
平熱 免疫力 熱さまし(解熱剤)
 熱が出るのは成長する過程で避けられませんが、親なら心配するのは当たり前でしょう。
 自分に熱があっても大丈夫だという人でも、子供だとおろおろしてしまうかもしれません。
 どういう熱が出たらどう対処するかなどを見ていきましょう。
 
 
 赤ちゃん・乳児の体温は高いのが普通です。
 37.5度までは平熱扱いです。
 眠いときなどは、手足だけでなく、頭からも発熱します。
 他の症状がない場合、37.5度までは心配いりませんし、予防接種だってできます。
 
 37.5度を超えると発熱ですが、38.5度までは微熱といっていいでしょう。
 それ以上になると本格的な発熱で、何らかの対処が必要になります。
 
 
 では、熱が出るとどうしてダメなのでしょうか。
 実は、ダメではなくて、良いことなのです。
 
 体温が1度上がると、免疫力が3倍にもなります。
 菌やウィルスをやっつけるために熱が上がっていますので、無闇に下げてはいけません
 
 熱さまし(解熱剤)を使うのも、38.5度を超えていて、かつ、元気がないなどの場合だけです。
 
 
 熱が出ただけでは、心配いりません。
 ウィルスが神経・心臓・脳などに入り込むと大変で、そういう場合は大抵発熱していますから、混同されたのだと思います。
 何が原因で発熱しているのか、それが神経や脳に影響があるのかが問題なのです。
 
 熱だけで脳がやられることはありません
 なぜなら、熱を出す指示は脳が出しているからです。
 保温しすぎ、暖めすぎなど外的要因があると違ってくるかもしれません。
 寒気がなければ、体からも放熱できるように、涼しくしてあげましょう
 外気温が下がると熱が下がったりしますので。
発育が遅い < 前 | 次 > 熱の出方・下がり方


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!