Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   発育が遅い

- 発育が遅い -
並 大 特大     G M
発育 遅い 首が据わる 寝返り おすわり はいはい たっち 褒める
 個人差が出てきますから、発育はバラバラです。
 通常、早いと気になりませんし優越感があったりしますが、遅いと心配してしまうのではないでしょうか。
 基本的に成長は上(頭)から下(足)に向かって進みます。
 
 最初の発育段階は“首が据わる”です。
 これも3カ月でできる子から6ヶ月以上になってからの子とバラバラです。
 “寝返り”、“おすわり”、“はいはい”、“たっち”、“あんよ”と進むように書かれていることが多いのですが、順番なんて関係ありません。できるようになればいいんです。
 うちの子は、おすわり→はいはい→寝返りでしたし、ママの友人の子はおすわり→たっち→はいはいでした。
 1歳までに歩く赤ちゃんもいれば1歳をかなり過ぎてから歩く赤ちゃんもいます。
 気にしないで個性なのだと思いましょう。
 
 病的な原因がなければ、絶対にそのうちできるようになります
 検診などで指摘されない限り、安心して成長を待ちましょう。
 
 
 言葉に関してでは、“喃語”から簡単な単語、単語を組み合わせた文へと発達していきます。
 最初に「パパ」と言わせたいですね。
 どんどん自分を「パパ」と言ってアピールしましょう。(ママは引くかもしれませんが)
 言葉の発育にも個人差が非常にあります。
 遅くても心配なら専門家に相談してもいいですが、大概は問題ないはずです。もし問題があるようならその前に検査した時点で言われるはずですから。
 
 
 前に書いていますが、発育はリハビリのようであり、あるいは進化の過程をなぞるようでもあります。
 当然、人それぞれなのです。
 
 
 一番大切なのは心配したとしてもそれを赤ちゃんに知られないことです。
 まして遅いことを赤ちゃんに怒ってはいけません
 もちろん新生児に怒るような人はいないでしょうが、3歳近くになると、おむつが取れないとかオネショしたなどと怒る人がいますが、逆効果ですので怒るのではなく、安心させてやることが重要です。
 
 
 何でも少しでもできたらとにかく褒めましょう
 新生児はもちろん胎児のときでさえも褒めることが良いとされています。
 
 豚もおだてりゃ木に登ります。
 子供は褒められるとこれでもかというくらい繰り返します。
 絵を描いていて下手だと言われたら描きたくなくなるでしょうが、上手だねと言われるとまた描こうと思うはずです。そうすると、どんどん描いていくうちに本当に上手になっていきます。
 食べることも、トイレもハミガキも、着替えもお手伝いも、褒めるとまたやろうとするでしょう。
身体が大きい・小さい < 前 | 次 > 発熱とは


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!