Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   小児科を決めておこう

- 小児科を決めておこう -
並 大 特大     G M
病気 小児科 避けたい
 新生児は生まれた産院で、その後は小児科へかかることになります。
 あらかじめ評判などを聞いて、どこがいいか決めておいた方がいいでしょう。
 
 
 血液型やアレルギーを調べることを勧められる小児科は利益優先ですので避けましょう。
 赤ちゃん(子供)の包茎手術を勧めるところは言語道断です。
 赤ちゃんは必ず包茎ですし、将来どうなるかも分からないのに手術する意味などありません。
 手術が必須となるのは大人になってからのカントン包茎だけです。
 
 大きな病院の小児科は何か大きな病気になったときに安心ではあるのですが、検診で行ったときなど、他の病気に感染するのではと心配になってしまいます。
 開業医の場合、ピンからキリまで様々だと思います。
 混んでいるからいい医者、空いているからヤブ医者とも限りません
 新しく開業したばかりだったり、立地条件が悪いために空いていることだってありますし、逆に立地条件だけで混んでいるところや学校や幼稚園・保育園の校医だから混んでいることだってあるでしょう。校医というのは安心感がありますが、医師としての腕で校医の座を勝ち取った人などいませんから、それだけで決めるのは早計でしょう。
 いずれにしても、どういう先生か見極めてから、かかりつけ医だと思った方が良いでしょう。
 
 あまりお年の先生はちょっと心配かもしれません。
 以前、耳が弱っているのか、その先生が血圧を計ると低くなるという人がいました。
 小さな音が聞こえなくなっているのかもしれません。
 
 
 うちの娘が行っているのは、開業したのが娘が生まれた後という開業医です。
 先生は大きな病院の勤務医だった人で、40代後半の男性です。
 その小児科には一般用入り口、隔離用入り口、検診・予防接種用入り口と3つの入り口があり、待合室も別々になっています。診察は同じ場所になってしまいますが、滞在時間の長い待合室よりずっと感染の危険が減ると期待できます。
 アレルギー検査もムダだから止めておけと言われたのはこの先生でした。
 できたばかりで、しかも立地場所が悪い(人通りが少ない奥まったところにある)ため空いているのですが、うちからは近いので気に入っています。
 こういうのは運もありますね。
 
 
 なお、小児科以外にも休日診療や夜間診療などの施設も調べておくと安心です。
 また、フッ素塗布などは料金がまちまちですので、調べておいた方がいいでしょう。
 私がかかっていた歯医者で聞くと2000円でしたが、ママ友からの口コミで知った歯医者は530円でした。
 どちらに行かせたかというと、もちろん530円の方で・・・
 
 
 追記
 娘を開園したての保育園(幼稚園に併設)に入れてから、かかりつけの小児科の先生が校医になったことを知りました。なおさら安心です。
 幼稚園の方は多分すぐそばにある内科・小児科をやっている先生だと思いますが、そこは子供からお年寄りまでいて、けが人だって診てしまうという地元のかかりつけ医という感じのところで、良い先生なのですが、入り口も待合室もひとつしかないのが難点です。
 一度3つの入り口・待合室を経験すると、ひとつというは怖くなりますね。
 昔は普通だったのですが。
気になる病気 < 前 | 次 > 乳幼児突然死症候群


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!