Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   沐浴と入浴

- 沐浴と入浴 -
並 大 特大     G M
沐浴 入浴 沐浴布 ベビーバス ベビー石鹸
 赤ちゃんの肌は皮膚が薄く非常に繊細です。
 汚れにも弱いですが、刺激や化学物質にも敏感ですので沐浴(入浴)には特に注意が必要です。
 
 
 新生児の場合、感染症予防のため大人と一緒のお風呂は避けます
 ベビーバスの安いもので十分です。ひと月足らずしか使わないものですので、レンタルでもいいでしょう。
 用意するのは、綺麗に洗ったベビーバスガーゼハンカチ(洗うのに使う)、沐浴布(赤ちゃんを包む)、ベビー石鹸洗面器などお湯を少量溜めたり流したりできるもの、です。
 
 まず、脱がす前に寝かせた状態で、頭と顔を洗います。
 
 それから脱がして沐浴布で包んでベビーバス(水温は夏38℃、冬40℃くらい)に入れ、前側を洗い、反対の手に載せるようにして裏側を洗います。
 
 沐浴布は赤ちゃんの肌に触れることで、赤ちゃんが安心するためのものですので、なくても不安がらない場合には使わなくてもいいものです。
 
 ベビー石鹸には色々なものがありますが、泡が出てくるタイプだと簡単に洗えるので便利です。擦り過ぎないように注意し、6〜10分で全てを終えるようにしましょう。
 
 
 昔はベビーパウダー(天花粉)を使いましたが、今は吸い込むと呼吸器に良くないということで、あまり勧められないようになりました。亜鉛華(ベビーパウダーの主成分)はあせもに有効ということですので、吸い込みに注意して使用したり、練り状のものなどを使うと良いでしょう。
 酷い状態でなければ、肌の状態によってスキンローション・スキンミルク・ベビーオイルなどを塗ると良いでしょう。
 汗をかくと冷えやすくなりますので、汗が引いてから服を着せてあげましょう
 
 
 1カ月を過ぎると、パパ(大人)とお風呂に入れるようになります。
 だっこして入れられるので、もう沐浴布はいりません。
 でも首が据わっていない間はベビーバスより洗うのが面倒かもしれません。
 膝に載せ、首をかばいながら洗いましょう。
 各種お風呂グッズを使うと楽になりますが、安全のため目を離さないようにしてください。
泣き止ますには < 前 | 次 > おむつ


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!