Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   退院まで

- 退院まで -
並 大 特大     G M
産まれた産院で 低体重 出産一時金 こども手当て 退院準備
 パパが宿泊できる産院もありますが、そうでなくても朝・晩は行きたいものです。
 大変なようですが、あっという間です。
 出産から5日目昼には退院になるはずですから、中4日しかありません。
 病気の見舞いだと大変ですが、これは赤ちゃんに会いに行くことなのです。
 まったく苦になりませんね。
 
 
 産院・病院によってかなり違うようです。
 私の友人の病院は、立会いなし、出産した日に1回だけパパにだっこさせてくれて、後は退院まで触らせてくれなかったそうです。
 うちの場合の産院は、初日は何時間かしか部屋(いわば病室ですが病気ではないので)に連れてきませんでしたが、次の日からは夜も一緒の部屋に赤ちゃんがいました。
 
 
 赤ちゃんに問題がなければ一緒に退院できますが、入院したままだと大変です。
 最近は母乳で育てようという先生が多く、3時間ごとの授乳にママは行き来しなくてはならなくなるからです。実際に低体重で夜中でも3時間ごとに来院するママさんがいました。赤ちゃんの出生日を見るとひと月も前でしたから、そのママさんはそれだけ続けていることになります。
 うちの子の体重が少なく、一時は2,500グラムを割り込みました(それ以上ないと退院させてくれません)が、なんとか上回ることができて一緒に退院できました。
 
 
 退院までに、役所に必要書類(費用部分の書類がどうかは産院・病院に聞いておく)を貰いにいきましょう。
 出産一時金は赤ちゃんひとり当たり35万円(出産当時、現在は上がっています)ですから大きいですが、健康保険の掛け金を払っていないと出ません。産院から役所に確認するだけですので、その時点で払うからなんとかならないかなどということができません。(払っていないのが悪いだけです)
 滞納がありうるのは国民健康保険でしょうから、予め窓口で相談して払っておきましょう。赤ちゃんの医療費助成にも健康保険加入は必要ですし、児童手当金は年金加入が条件(当時の話、今はこども手当てで資格条件はありません)となります。
 権利を主張するには、まず義務を果たすということですね。
 
 
 ママと赤ちゃんが産院に入院している間、動けるのはパパだけです。
 赤ちゃんグッズは揃っているでしょうか。
 おむつやミルク(必要な場合)などは入院中の余りがあるでしょうから、それほど急がなくても大丈夫ですが、産着・退院に着せる服・おくるみ・チャイルドシートは退院時に絶対必要です。チャイルドシートは車に着けておきましょう。
 
 出産準備・必要なものリストをもう一度チェックしてみてください。
出産に立ち会おう < 前 | 次 > 名前を決めよう


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!