Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   沐浴・お風呂

- 沐浴・お風呂 -
並 大 特大     G M
沐浴 お風呂 感染症 入れ方
 新生児は大人のお風呂は避けた方が無難です。
 一番の理由は感染症予防です。
 新生児はまだ臍の緒が取れていませんし、皮膚も非常に薄く弱いものです。
 
 清潔なベビーバスで沐浴(毎日1回)させてあげましょう。
 とはいえ、新生児期だけです。ベビーバスでの沐浴は大変なようですが、新生時期はあっという間に過ぎてしまいますし、すぐに懐かしく思うようになることでしょう。
 パパも必ず産まれる前に講習会などに参加して練習しておいてください
 
 
 ベビーバスには浴室で使うタイプと台所のシンクで使うタイプがあります。どちらで沐浴させるのかによって選びましょう。
 もちろん、昔ながらのタライでもいいですし、洋服を入れる大きなプラスチックケースで入れる人もいるそうです。小さなバケツ型のベビーバスもありますが、新生児では入れにくくてあまりお勧めできません。
 
 
 生後1ヶ月になるとパパ(ママ)と一緒にお風呂に入ることができるようになります。
 一緒に入れるようになると沐浴布も必要なくなります。
 抱っこして触れていると不安がないためです。
 
 まだ首は据わっていませんし、おすわりもたっちもできませんので、実はベビーバスより入浴が大変です。ベビーバスではお湯の中で全部できたのですが、洗い場で洗うには膝に載せて、首も支えながらひっくり返したりしなくてはならないからです。
 首が据わるまでは床(マットがあっても)には置くべきではないでしょう。
 ある程度楽になるのはおすわりがちゃんとできるようになってからですし、歩けるようになるとずっと楽になります。
 短期間ですので、がんばって。
ベビーベッド・ベビー布団 < 前 | 次 > スリング・おんぶひも


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!