Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   チャイルドシート

- チャイルドシート -
並 大 特大     G M
チャイルドシート 義務 新生児 乗せ方
 チャイルドシートは法令で6歳未満の子供について義務付けられていますが、それ以上に大切な赤ちゃんの安全のためですので、必ず使うようにしましょう。
 
 
 チャイルドシートは3種類に分けられます。
 新生児から使用できる乳児用、お座りができるようになってからの乳児用、ある程度大きくなってからの学童用です。
 
 実際に売られている製品は、新生児から4歳頃まで、3歳(1歳のものも)以降用で椅子状のもの、年長用で背もたれのないものといったものです。
 新生児から使えるものはかなり高いのですが、後の方は安くなっていますので、ずっと使えるというものより、その年齢で一番良いものに買い換える方がいいでしょう。
 
 新生児の場合、後部座席に横向きまたは後ろ向きに乗せます。
 確率として正面からの衝撃が多くかつ大きくなるためでしょう。
 お座りができるようになると前向きにすることができますが、後部座席が望ましいでしょう。
 助手席を避けるのはエアバッグが致命傷となる場合もあったためです。
 チャイルドシートは安全のためのいわば保険です。
 価格より安全なものを選ぶようにしたいものです。
 
 
 どうも女性はチャイルドシートに乗せていればいいだろうと思っているようです。
 正しく乗せていれば良いのですが、間違った使い方が半数にもなるそうです。
 パパがどう使うのか教えてあげましょう。
必要なものリスト < 前 | 次 > ベビーカー


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!