Since 2008-08-08
Update 2010-10-20
      トップページ   >   不妊症と不育症

- 不妊症と不育症 -
並 大 特大     G M
妊娠 赤ちゃん 不妊症 不育症
 不妊症は以前からありましたが、不妊症は新しい概念です。
 
 
 不妊症はご存知の方も多いと思いますが、妊娠しにくいカップルが疑われる病気で、平均的回数の妊娠する可能性のある夫婦生活があっても2年以上妊娠しない場合、不妊症かもしれません。
 原因はさまざまで、女性側の問題である場合が5割、男性側である場合が3割、原因不明が2割です。
 
 男性側に原因がある場合のほとんどは精子少なかったり不健全なことで、無精子症もまれにあります。
 
 女性側では卵子・排卵・輸卵管・子宮・子宮頚管などの生殖器にトラブルがあったり、あるいは年齢により妊娠しにくい場合もあります。
 年齢が上がるほど、妊娠率は低くなり、40代では20代の半分以下の妊娠率となるそうです。
 また、精子に対して抗原抗体反応を持つ場合があり、精子に対して抗体ができて排除しようとします。
 なんとこれが不妊症の13%にも及ぶそうです。
 
 不妊症はまず原因を調べなくてはなりません。
 それがいずれの側にあったとしても、責めたりすることなく、妊娠するために二人で頑張って欲しいものです。
 
 中には検査のために卵管に造影剤を流したら通るようになって妊娠したとか、頑張って授からなかったので治療を止めた途端にできたとかもあります。
 諦めたら終わりですから。
 
 不妊症については自治体(都道府県・指定都市・中核市)からの助成があります。
 1年度あたり1回15万円、2回まで、通算5年支されます。(以前は10万円)
 厚労省 特定不妊治療費助成事業の概要
 これには指定医療機関がありますので、上記のページで確認してください。
 
 
 不育症は妊娠しても死産や流産を繰り返す病気で、平成20年から厚生労働省に研究班が作られました。
 厚労省 不育症研究班 フイク・ラボ
 もちろん、症状としては元からあったものですね。
 これは2回以上流産・死産を繰り返した場合に疑われる病気で、1回では不育症かは判断できません。
 
 統計的には1回だけ流産した場合に、染色体異常によるものが57%だそうです。
 流産胎児の検査をすると染色体異常なのか否かが判り、正常児の場合は不育症も疑われます。
 
 流産・死産を繰り返す場合でも、検査してみないと解りませんし、不育症の原因もいろいろとあります。
 せっかく授かった赤ちゃんが何回も流産するのは悲しいことです。
 治療により出産できた人も多くいますので、諦めずに頑張ってください。
 
 保険適用となる検査と適用外の検査があり、治療についても適用外のものも多くあります。
 検査だけでも、数万円から数十万円かかるそうです。
 国や地方自治体になんとかしてもらいたいものです。
先天性異常のこと < 前 | 次 > 妊娠チェック


このページへのトラックバックURL :
内容確認後に表示されます。 また日本語を含まない、又はこちらへのリンクがない場合は無視されます。

Comments
コメントはありません
コメントをどうぞ
お名前
URL (お名前からリンクされます)
メールアドレス (連絡用、表示されません)
タイトル
コメント 必須入力、コメント以外の項目への入力は任意です)

内容確認後に表示されます。日本語を含まないコメントは投稿できません。HTMLタグは無視されます。
Trackbacks
トラックバックはありません




feed パパもを購読

 


▼ マイウェブログ ▼
Koumei Soft 開発ログ
PC MANIAX weblog
みんなの保健体育

▼ PR ▼

   パパも (トップ)
赤ちゃんが欲しい
妊娠したら
マタニティーとプレパパ
出産準備
里帰り出産がベスト?
陣痛から出産まで
産まれた!
最初のひと月
お世話の極意
離乳食
お出かけしよう
病気と予防接種
発育のこと

子供の病気辞典
熱が出たら
吐いたら
せきが出たら
けいれん
流行の病気

相互リンク
   相互リンク申し込み
   相互リンク集

外部リンク
厚生労働省マーク 厚生労働省
├ 子ども・子育て支援
├ 新型インフル対策関連
├ たばこと健康に関する情報
└ 育児相談・虐待相談



  (ルビ表示が正しくない場合)


Enjoy Your Life with Baby!